ミニバンの税金・保険

ミニバンの税金・保険

ミニバンの車検料金には、法廷費用と整備諸費用がかかります。整備代は、走行距離など、それぞれの使い方によって大きく金額が変わります。こまめなメンテナンスを行うことによって、整備代を安く抑えることができます。
車検のときに一気に整備を行うのではなく、日ごろから愛車に気を配り、手入れをしてあげてください。
法定費用は、重量税と自賠責保険と印紙代で構成されています。自賠責保険と印紙代は、ミニバンに関わらず、全ての車種で同じ金額です。唯一異なるのが重量税です。
重量税とは車の重さによって変わる税金のことです。1トンから0.5トン刻みで、4段階別に税金が設定されています。1トン以下だとおよそ25,000円程度の重量税ですが、2トンを超えると6万円以上もかかります。税金が3万円以上違うというのは、家庭にとって大きな差となるでしょう。
重量はミニバンを購入する際の大きな要素となるため、メーカーも税金が安い1.5トン以下の車種を数多く生産しています。シエンタやウィッシュ、デリカやアイシスなどが1.5トン以下のミニバン人気車種です。ノアやステップワゴン、セレナなどは重量が1.5トン以上ありますので、およそ5万円かかります。アイシスがなどの1.5トン以下の重量税がおよそ37,000円なので、その差は1万円以上です。
ミニバンのハイブリッド車は重たい車種が多く、アルファードやヴェルファイアは2トン以上もあります。2トン以上だと重量税はおよそ6万円かかるので、ミニバンで軽い車種のアイシスと比べると、およそ25,000円の差です。グレードや仕様によって重量が変わる車種もあるので、ミニバンを購入する際は、必ず重量を確認してください。
また、ミニバンは4WDの設定によって、税金が変わります。ミニバンを購入する際は、4WDの確認も大切です。
ミニバンは大変根強い人気があります。車両保険と賢く付き合って、自分好みのミニバンを探してみてください。

関連コンテンツ

ミニバンの選び方

ミニバンの選び方
様々な種類があるミニバンですが、どういうライフスタイルを実現したいかによって選ばれる車は変わります。「積極的にアウトドア活動したい」「家族でゆったり過ごしたい」「高齢者が乗るから乗降サポートが欲しい」などなど、購入前にイメージを膨らませることが大切です。ミニバンを買う際には燃費や安全性だけではなく、その車と自分がどのような関係になるのかも考えてみると良いですね。[続きを見る]

ミニバンの安全性

ミニバンの安全性
ミニバンを買う前に安全性について考えている方は、意外と少ないのではないでしょうか?以前は安全性があまり高くないと言われていたミニバンですが、近年では安全性が高まってきている傾向にあります。ミニバンの安全性は、グレードを高めることで補うこともできるので、購入の際は値段だけではなく安全性も考慮して選んで頂くのがオススメです。[続きを見る]

ミニバンの静寂性

ミニバンの静寂性
ミニバンに求める性能の中で、静寂性を求めるという方は多いのではないでしょうか。最近のミニバンは静寂性が高まっているものが多いですが、実はタイヤなどのパーツを変えることでも静寂性を高めることができます。また、購入の際には静寂性についてを取り扱ったランキング情報や口コミもインターネット上で見ることができるので、一度調べてみると良いでしょう。[続きを見る]

ミニバンの維持費

ミニバンの維持費
自動車を所有する上で、自動車の維持費というものは非常に重要な要素であると言えます。自動車の維持費には駐車場代や車検費用と言った固定費用から、急なトラブルによって修理が必要になると言った変動費用まで、様々な費用がかかります。ミニバンは、軽自動車などと比べるとどうしても維持費がかかってしまうものなので、燃費の良い種類を選ぶなどして維持費を抑える工夫をすると良いでしょう。[続きを見る]

車買取・中古車買取・中古車一括査定なら車選び.com
×閉じる