家族で乗るミニバン

家族で乗るミニバン

しばしば、こんな声を耳にします。
「家族の人数が多い人ならわかるけれど、3人・4人の家族でミニバンなんて必要ないんじゃない?」
確かに、大人数で乗れるのが特徴でもあるミニバンは、家族の人数が多い人がのる車という印象があります。しかし、少人数の家庭でもミニバンを自家用車にするメリットはたくさんあるのです。
例えば、買い物のシーンを想像してください。小さいお子さんを連れたお母さんが1人で買い物をした後や、雨で傘も荷物も持っているときなどに、パワースライドドアであればそれほど苦労なく荷物を積み下ろしさせることが出来ます。
買い物だけではありません、自家用車で旅行に行く時やBBQ、釣りなどのアウトドアに出かける時、祖父母やお子さんのお友達を連れて出かけることになった時…。
家族ならではの場面で、ミニバンの車内空間の広さ、フラットシート・パワースライドドアが活躍します。ミニバンは家族の多さにかかわらず、家族でのカーライフを便利で快適にしてくれるといえるでしょう。
実際に4人家族でミニバンを愛用されている方の中にはこんな意見がありました。
“家族で定期的に、自宅から1時間ちょっと離れた炭酸水の湧き出る水汲み場に、“水汲み”に通っているのですが、この“水汲み”で我が家のミニバンが大活躍しています。事前準備にまず、ミニバンの3列目をフラットにし、防水用にレジャーシートを敷き詰め、その上にペットボトルや水タンクを積んでおきます。低床であることも一役買い、水汲み作業はスムーズに行う事ができて助かっています。5歳と3歳の子どもたちもペットボトルの水入れをしっかりとお手伝いできるほどです。作業が終わり炭酸泉に入って、ゆっくり食事をしてから家に帰る際も、車内空間が広いため妻や子どもたちが、のんびりと足を延ばしてリラックスできているのがよく分かります。それもこの機能的に優れたミニバンが大きな役割を果たしてくれているということは言うまでもありません。これからも安全運転に努め、日常の買い物や旅行において、家族のニーズに応じた活躍をしてくれるこのミニバンとともに楽しいカーライフを送りたいと思っています。“ 
もし、これから家族が増えるという方、家族のカーライフを便利にしたいと考えている方、ぜひミニバンを選択肢のひとつに加えてみてください。

関連コンテンツ

ミニバンのデザイン

ミニバンのデザイン
ミニバンはワンボックスと混同されがちで、何となく中年以降の男性に人気のある車という印象が強く、カラーも白やシルバーが多めでした。しかし、最近は30代のファミリー向けに、外装の色やフォルムのデザインに工夫を凝らしたものや、内部のインテリアのデザインに工夫を凝らしたものが多くなって来ています。これからのミニバンの主流はデザインを取り入れたものになっていきそうです。[続きを見る]

ミニバンの走行性能

ミニバンの走行性能
ミニバンは一昔前まで「荷物を運送するための車」という位置づけであったため、車高や重心の位置が他の自動車よりも高く、走行性能に問題がありました。しかし、カーブにおける「腰砕け現象」やスピードを出した時の「不安定感」などの問題は、近年の各メーカーによる企業努力によって、大幅な改善が行われました。その結果、現在では乗用車とくらべても遜色のない走行性能を持ったミニバンも数多くあります。[続きを見る]

ミニバンのドライビングフィール

ミニバンのドライビングフィール
ミニバンの車種の多くは3列目シートを備えており、それら全ての車種でボンネットがついています。1990年代までは3列目シートのある車はボンネットのないキャブオーバースタイルが当たり前でしたが、安全性や操作性に問題がありました。それらの問題をボンネットを採用することで解消したミニバンは、その後も各メーカの研究・改善の繰り返しによって、燃費や静寂性、安全性に秀でたものになっていきました。[続きを見る]

ミニバンの改造

ミニバンの改造
ミニバンの改造といえば、エンジンを載せ変えたり、ドラムブレーキとディスクブレーキを変更させたりすることなどが挙げられます。このようなミニバンの改造をするときには「改造自動車等届出」が必要になります。「改造自動車等届出」によって改造車は車検や保険の適用がされるので、ミニバンを改造する際は知識や経験の豊富なショップなどの協力を得ると良いでしょう。[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる