ミニバンのメリット

ミニバンのメリット

かつて日本ではミニバンの著しいブームが起こりました。今でもテレビのCMなどでミニバンを見ない日はないほどです。これほど需要がある背景には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ミニバンの最大のメリットは、なんといっても大容量であることです。他の車種と比較しても、全長に対して車内のスペースが大きい作りになっています。このため、座席は3列で7人または8人乗りができる車が多いです。これほどの席数があれば、大人数で出かける際にはぴったりですね。大家族や法人・団体用の車には便利だと思います。さらに、そこまで人数がいない場合でも、たくさんの荷物を収納できるという点も見逃せません。アウトドアなど大きな荷物がたくさん必要になるような用事の際は、ミニバンが重宝することでしょう。
また、荷物や人を満載しない場合にも、中が広々としているため乗っていて快適だという意見も多いようです。ただ、このメリットは裏を返せば「ムダなスペースが多い」ということであり、軽い車よりも燃費がかかってしまうという代償がついてきます。自分の居心地をとるか燃費をとるかはよく考えた方がいいでしょう。
もう一つのメリットとしては、遠くが見えやすいということです。ミニバンはその構造上、他の車種と比べて着座位置が高くなっています。そのため、運転をしていても遠くの人の動きが見えやすく、事前に危険を回避しやすいと言われています。
このように、ミニバンにはいろいろなメリットがありますが、そのほとんどは客観的な性能というよりも、乗っているときの自分の主観に関わるものです。昔とは違い、カーマニアが減少している今、車の性能というよりも「自分がその車の中で過ごしやすいかどうか」が重視されるようになったのだと思います。
これらのメリットがどの程度価値を持つかは、ドライバーによって違ってくるでしょう。ミニバンを検討される方は、試乗をするなどしてその車が自分にどれほど合うか実際に肌で感じてみることをおすすめします。

関連コンテンツ

ミニバンの魅力

ミニバンの魅力
ミニバンには「広くて収容量がある」ということ以外にも様々な魅力があります。例えば、スライド式のドアや乗っていて疲れにくいシートの座り心地が、高齢者や子どもに人気です。また、車内が広くて内装にこだわれるのもミニバンの魅力です。ここではミニバンの使用例・デザイン・税金などを検証し、ミニバンの魅力を再確認します。[続きを見る]

ミニバンの燃費

ミニバンの燃費
ミニバンはその重さや車高の高さから、他の車種に比べて燃費が悪いと言われています。では、燃費を少しでもよくするにはどうしたらよいのでしょうか。ミニバンの燃費を良くするためには、他の車種の場合と同様に運転上の配慮やメンテナンス、ムダな積み荷を降ろすといった行為が効果的です。ここではミニバンの燃費について詳しく見てみましょう。[続きを見る]

ミニバンとワンボックスの違い

ミニバンとワンボックスの違い
ミニバンとワンボックス、一見すると同じように見えるこれらの車にも違いはあります。よく言われているのは「ミニバンの方が大きさが小さい」ということですが、厳密に見てみると形やエンジンの位置などが違います。ここではミニバンとワンボックスの細かい違いに注目しながら、他の車種との大きな違いに目を向けてミニバンの特徴を考えていきます。[続きを見る]

ミニバンのデメリット

ミニバンのデメリット
大容量で旅行などでは強い味方になるミニバンですが、大容量であるが故に燃費が悪かったり小回りが利かなかったりとデメリットもあるようです。また、種類が多すぎて要望にあったミニバンを見つけるのに苦労することも…。ここでは、そんなミニバンのデメリットを紹介していきます。[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる